TRIEL

東京駅徒歩4分、日本橋駅徒歩1分の
レンタルオフィス・コワーキングスペース
「TRIEL(トリエル)」
03-6869-2420
電話受付時間 平日・土曜:9時~21時 日曜・祝日:9時~17時

コラム

起業・開業に関するコラムを掲載しています。

オフィスにおいてコミュニケーションを向上させる方法とは?

オフィスにおいてコミュニケーションを向上させる方法とは?
オフィスにおいてコミュニケーションを向上させる方法とは?

オフィスにおいて、コミュニケーションは大変重要な視点であると思います。レンタルオフィスでは個々の部屋には注目していますが、不特定多数の方が在籍しているためコミュニケーションにフォーカスして、店舗設計や運営を行っている施設は少ないと思われます。

 

しかしながら、重要なコミュニケーションをいかにして、レンタルオフィスでも高めるか?をTRIEL(トリエル)東京では考えに考えました。

 

その答えはスペースの使い方と什器です。

TRIEL東京ではコミュニケーションの品質と頻度を上げるために、メディアスケープとノードチェアを採用しました。

共に、アメリカのスチールケース社の製品であり、 スチールケース社はフォーチュン誌主催「世界で最も賞讃される企業」に選出される企業です。

 

メディアスケープのコンセプトは「テクノロジーと家具を統合し、人、スペース、情報をつなぎ、今までにないダイナミックなコラボレーションと高いパフォーマンスを実現すること」です。
テクノロジーと家具を融合させた存在。なかなか気になるメッセージですね。是非、TRIEL東京にお越しいただき、体験頂きたいと考えております。

 

もう一つ、ノードチェアですが、もともと教育現場用の椅子として開発されました。
特徴は「回転式チェアなので学生は教室中どこでも集中するために動き回ることができます。装着サイドテーブルは連携して回転するので本やノートパソコン、資料などを常に手元に置くことができます。移動が容易なため、対教師、他学生、ホワイトボードへの視界を遮らないので相互交流を劇的に向上させます」とパンフレットには記載されています。
一人利用も可能ですし、数人のミーティングも行いやすく大変使いやすい椅子です。

 

これも他のレンタルオフィス・コワーキングにはなかなか存在しません。
是非、TRIEL東京で、特別な体験を皆様に頂きたいと考えております。

 

【Steelcase(スチールケース)社について】
Steelcase社は、創業100周年を迎えた世界をリードする米国のオフィス家具メーカーです。常に未来を見据えて「働くこと」を研究し、仕事をする「場」における人間の可能性を切り開くスペースの提案、そして社会的、経済的、環境的な側面からサステナビリティを考慮した家具やサービスの包括的なポートフォリオを提供しています。全世界650以上の代理店を含む販売網を有し、グローバルに事業を展開。2013会計年度は売上高29億ドルを記録した上場企業です。

執筆者

TRIEL(トリエル)東京

東京駅から徒歩2分、日本橋駅から徒歩1分、大手町駅から徒歩5分の好立地に構える複合シェアオフィス。
1名~3名部屋のレンタルオフィスにフリードリンク付のコワーキングエリアまで、自由な働き方を実現します。
余計な固定費をかけずにリーズナブルな価格で日本のビジネスの中心地にオフィスを構える事ができます。

 

WEBサイト:https://www.triel.jp/
TEL:03-6869-2420TEL:03-6869-2420
Emal:info@triel.jp

コラム運営元

シェアオフィスTRIEL

デザイン性と機能性を兼ねそろえた、上質でスタイリッシュなオフィス環境と、細やかな気遣いがうれしい充実のコンシェルジュサービス。起業・開業に最適なコワーキングスーペースです。

関連記事
コラム
人気ランキング