TRIEL

東京駅徒歩4分、日本橋駅徒歩1分の
レンタルオフィス・コワーキングスペース
「TRIEL(トリエル)」
03-6869-2420
電話受付時間 平日・土曜:9時~21時 日曜・祝日:9時~17時

お役立ち情報

起業・開業に関するお役立ち情報を掲載しています。

レンタルオフィス・シェアオフィスで宅建業の免許を取得する方法

レンタルオフィス・シェアオフィスで宅建業の免許を取得する方法
レンタルオフィス・シェアオフィスで宅建業の免許を取得する方法

業務内容ににより免許が必要な業種や職種は多く存在します。宅建業=宅地建物取引業もその内の一つです。

独立をされたい方は固定費である賃料を可能限り、抑えたい事と思います。今回、TRIEL(トリエル)で宅建業の取得が可能であるかのお問い合わせをいただきましたので、開設が可能であるかどうか確認しました。

結論としては、都庁にある住宅政策推進部不動産業課免許担当窓口及びレンタルオフィスでの宅建業免許取得支援を得意とされている行政書士の方から「開設に問題がない」と判断頂きました。

TRIELは宅建業を取得して独立をされる方にご入居頂いております。

 

お話をお聞きしたり、色々と調べてみると宅建業の免許を受けるポイントは、「独立性」と「継続性」が保たれている事が重要であるとの事でした。

 

具体的に見るべきポイントとしては、TRIELが確認した点は以下の点です。

 

【個室内の仕様について】

・対面で接客するスペースと机が必要 

 ※折りたたみ机で可(机のサイズ指定なし・契約書を広げて説明出来る位のスペースがあれば良いとのこと)

・机奥に移動するため横を人が一人分通るスペースが必要

・椅子は背もたれのある椅子を使用する必要あり

・個室は扉がついている必要あり

・天井と壁の上が空いていても問題がない

※TRIELの壁の高さは2,100mmあり高さも問題がない

・個室とメールボックスにて社名掲出をする必要がある

・専用の03電話番号を取得する必要がある ※050番号は不可

・個室の広さも特に数値としての指定はないが、1名で開業する場合、大体2.5㎡以上の大きさは必要

 

【契約内容について】

・個室(専用部分)は24時間、契約者のみしか使用できない契約となっていること(他契約者と共有で使用するスペースではないこと)

・契約者以外の一般客も入室可能であること

・契約期間は1年間などある程度長期的なもので自動更新される内容であること

・契約書に部屋番号が特定される記述があること

 

また、資料提出する際の写真の撮影角度なども重要だそうです。

 

宅建業の申請を行うパートナーである行政書士の方もレンタルオフィスでの開業を専門に行っている方もいらっしゃるようです。

 

初期費用や毎月の固定費である賃料を抑えるためにレンタルオフィスを活用することは非常に有効です。レンタルオフィスにおいても開業できる施設できない施設はありますので、事前によく確認してからご入居することをオススメいたします。

不動産業開業をご検討の際は、ぜひTRIELまでご相談ください。

執筆者

TRIEL(トリエル)東京

東京駅から徒歩2分、日本橋駅から徒歩1分、大手町駅から徒歩5分の好立地に構える複合シェアオフィス。

1名~3名部屋のレンタルオフィスにフリードリンク付のコワーキングエリアまで、自由な働き方を実現します。
余計な固定費をかけずにリーズナブルな価格で日本のビジネスの中心地にオフィスを構える事ができます。

 

WEBサイト:https://www.triel.jp/
TEL:03-6869-2420
Emal:info@triel.jp

 

 

お役立ち情報 運営元

シェアオフィスTRIEL

デザイン性と機能性を兼ねそろえた、上質でスタイリッシュなオフィス環境と、細やかな気遣いがうれしい充実のコンシェルジュサービス。起業・開業に最適なコワーキングスーペースです。

関連記事
お役立ち情報
人気ランキング

※表記価格はすべて税抜価格です。